Blog

2020.05.04

このホームページを作るに至るまで 中井好男

このホームページをつくるにいたるまで

 

20年にじゅうねんという節目ふしめ

 

このホームページは2020年にせんにじゅうねん4月しがつにスタートすることとなりました。わたし日本語養成講座にほんごきょうしようせいこうざかよはじめたのが2020年にせんにじゅうねんからかぞえてちょうど20年前にじゅうねんのことで、わたしにとってはひとつの節目ふしめであるのかもしれません。ということで、わたし日本語教育にほんごきょういくかかわってきた20年にじゅうねんをざっくりかえってみます。少々しょうしょういください。

 

日本語教師にほんごきょうしという存在そんざいとの出会であ

 

大学だいがく専門せんもん日本語にほんご教育きょういくとはまった関係かんけいがありませんでした。もともと犬好いぬずきだったのですが、獣医じゅういさんになれるあたまはなかったため畜産ちくさんについてまな大学だいがくはいりました。大学だいがく卒業後そつぎょうご当時とうじ自分じぶんかれていた環境かんきょうえるために、あこがれだった英語圏えいごけんひとつであるオーストラリアにワーキングホリデーにきました。様々さまざま背景はいけい人々ひとびとらすくにでの生活せいかつでは、いやなこともいいこともいろいろな経験けいけんをしました。日本にほん帰国きこくしてからは仕事しごとさが日々ひびでしたが、日本にほんでの仕事しごと魅力みりょくかんじることがなかったこと、そして、やはりオーストラリアでいい経験けいけんをたくさんしたこともあってか、ふたた海外かいがいきたいとおもうようになりました。またすぐにワーキングホリデーにくか、海外かいがいかせる資格しかくってからくかかんがえていたころ、アルバイトさきった、シスターになろうとしてる女性じょせいが、わたし海外かいがい生活せいかつ経験けいけんがあるということで、インドネシアじん神父しんぷさんにいにこうとさそってくださいました。そのとき、その神父しんぷさんがかよっていたという大阪おおさかのとある日本語にほんご学校がっこうれてってもらいました。それが、わたし日本語教師にほんごきょうしという存在そんざいったきっかけです。「どうやったらここではたらけるんですか。」突然とつぜんわたし質問しつもん事務所じむしょかたがくださったこたえのひとつが日本語にほんご教師きょうし養成ようせい講座こうざかようということでした。

 

日本語にほんご学校がっこうでのハネムーン

 

日本語にほんご教師きょうし養成ようせい講座こうざえ、日本語教育能力検定にほんごきょういくのうりょくけんていにも無事ぶじ合格ごうかくすることができたわたしは、日本語にほんご学校がっこうおしえる機会きかいをいただきました。まともに授業じゅぎょうもできないしのわたしうんよくその機会きかいにできたのは、その学校がっこうでは数少かずすくない「男性だんせい」だったからではないかとおもっています。いずれにしても、それほどとしちがわない学生がくせいさんもいるなかで、できるだけちか距離きょり日本語にほんご勉強べんきょう手伝てつだいたい、そんなおもいでいろいろな学生がくせいさんとたのしい日々ひびごしていました。といっても、警察けいさつにお世話せわになる学生がくせいさん、いなくなってしまう学生がくせいさんなど、いろいろごともあっていつもたのしかったわけではありません。が、海外かいがいから日本にほんひとたちうことが自分じぶん時間じかんのほとんどをめているということに、とてもしあわせを感じていました。海外かいがいふたたようとおもっていたわたしにとってはこの環境かんきょう非常ひじょう居心地いごこちがよかったからだとおもいます。

 

風景ふうけいひろがりとともに芽生めばえる自分じぶんへの不安ふあん

 

4年よねんぎ、おしえるということにすこれてきたころ、ふと自分じぶんのことをかんがえるようになりました。もっとうえ目指めざしたいけれど、日本語にほんご教育きょういくわたし専門せんもんでもなく知識ちしき中途半端ちゅうとはんぱでなかなかむずかしい。ほんんだり研修会けんしゅうかい参加さんかしたりはしたけれど、まわりの先生せんせい知識ちしき経験けいけん豊富ほうふ太刀打たちうちできない。このままだと自分じぶん将来しょうらいはどうなるのか。大学だいがく時代じだい同級生どうきゅうせいがどんどん出世しゅっせしていくのをていると、なん取柄とりえもない自分じぶん不安ふあんおぼえるようになりました。そこでかんがえたのが大学院だいがくいん進学しんがくでした。

 

足元あしもとにある問題もんだいさい発見はっけん

 

大学院だいがくいん様々さまざまひと出会であ様々さまざまなことをまななかで、自分じぶんなにをすればいいのかがえるようになりました。そのきっかけをあたえてくれたのが学習者論がくしゅうしゃろんであり質的研究しつてきけんきゅうでした。文法ぶんぽう発音はつおん教材きょうざい教授きょうじゅほうといった言語げんごかんする知識ちしきおしえる技術ぎじゅつ大事だいじなのかもしれないけれど、やはりなによりもまず日本語にほんごまなひとのことをかんがえなくてはいけないということをあらためておもったのです。それは、当時とうじわたしがちょうど「再履修さいりしゅう」している学生がくせいさんにどうえばいいのかあたまなやませていたからです。やるもない、はなしいてくれないなど、いろいろ「こじらせさせて」しまった学生がくせいさんとともにする時間じかん非常ひじょうおもいものでした。しかし、そんなかれらとい、すこしでも改善かいぜんするみち模索もさくすることを可能かのうにしたのが学習者論がくしゅうしゃろんであり質的研究しつてきけんきゅうでした。

 

日本語にほんご教師きょうしとしてのわたし日本語にほんごとのかかわり

 

大学院だいがくいん研究けんきゅうとしてんだのは再履修さいりしゅうをしている学習者がくしゅうしゃ問題もんだいでした。そしてその問題もんだい質的研究しつてきけんきゅう枠組わくぐみでとらえることにしました。質的研究しつてきけんきゅうにもいろいろありますが、わたしんだものは自分じぶんうことを余儀よぎなくされるものばかりでした。学習者がくしゅうしゃのことやかれらにかかわる教師きょうしのことを理解りかいしようとするとき、自分じぶんだったらどうかんじるだろうとかんがえるのは当然起とうぜんおこることなので、質的研究しつてきけんきゅうだからという特別とくべつなことではないのかもしれません。しかし、相手あいて経験けいけん世界せかいろうとすればするほど、自分じぶん経験けいけん世界せかいることが必要ひつようとなりました。そのいは、なぜわたし日本語にほんご教師きょうしをしていてどういう教師きょうし目指めざしているのかというというものでした。当時とうじわたしは、外国人がいこくじんとの交流こうりゅうきだし海外かいがいでの経験けいけんがあるからこそ学生がくせいさんにちかい「おにいさん」てき立場たちば日本語にほんご学習がくしゅう支援しえんすることができるんだ、そのように自分自身じぶんじしん理解りかいしていました。

 

わたし日本語にほんごとのかかわり

 

しかし、そうではなかったようです。ニュージーランドにあ英語えいご学校がっこう視察しさつったときに、2度目にどめ転機てんきおとずれました。そこで視覚しかく聴覚ちょうかくたよらないコミュニケーションをる、いわゆるしょうがいを持つ外国人がいこくじん留学生りゅうがくせい一緒いっしょ英語えいごを学んでいたのをたりにしたからです。その光景こうけいは、わたしが今いままでないふりをしてきた自身じしん家庭かてい環境かんきょうへとけさせました。「しょうがいしゃ」としてきていたろうしゃである両親りょうしんにそんな機会きかいがあったのだろうか、場所ばしょ時代じだいによってこれほどまでに人生じんせいわるのだろうかと愕然がくぜんとしたのをおぼえています。づくのがおそいとうべきところですが、そのあとはその視点してんからしか自身じしん日本語にほんごとのかかわりをることができなくなってしまいました。つまりわたし日本語にほんご教師きょうしつづけている原点げんてんがそこにあるということです。ニュージーランドでの経験けいけん以降いこう、「手話しゅわ」「ろうしゃ」といったタイトルのほんむようになりました。そして、自分じぶんおなじような環境かんきょうにいるひととの出会であいにもめぐまれ、様々さまざま経験けいけんかせていただくこともできました。出会であうことができたほんおおくの人々ひとびとからかせていただいたおはなしから自分じぶん自身じしんちからをもらってきました。そして、それがこのホームページをはじめるちからにもなっています。

 

このホームページをとおして

 

神父しんぷさんを紹介しょうかいしてくださったシスター、日本語にほんご学校がっこうれてってくださった神父しんぷさん、突然とつぜんわたしのまぬけな質問しつもんにご丁寧ていねいこたえてくださった日本語にほんご学校がっこう事務じむかた学校がっこういやになってしまった留学生りゅうがくせいものとらかたえてくださった大学院だいがくいん先生せんせい、ニュージーランドで出会であった重複障ちょうふくしょうがいを留学生りゅうがくせい活躍かつやくするろうしゃわたしおなじような環境かんきょうにある人々ひとびとこの20年にじゅうねんあいだに、出会であいをもたらしてくださったかたやいろんなことをおしえてくださったかたがたくさんいます。そこからわたしちからてきたように、このホームページも日本にほん社会しゃかいきる人々ひとびとにとって、様々さまざま経験けいけん出会であとなり、日本にほん社会しゃかいきるちからすこしでもられるとなることをねがっています。