Blog

2020.09.02

日本のライブの楽しみ方ーヴァディム・ヴァッシレヴスキーさん

 

 


日本にほんのライブのたのしみかた―ヴァディム・ヴァッシレヴスキーさん

 

みなさん、こんにちは。音楽おんがくわたしたちの人生じんせい重要じゅうよう役割やくわりして、現在げんざい、どんどんさかんになっているのは演奏会えんそうかい、すなわちライブです。世界中せかいじゅうのファンたちは自分じぶんきな演奏者えんそうしゃて、なま音楽おんがくくために自分じぶんくにだけでなく、海外かいがいのライブにくのもめずらしくないです。日本にほんでほぼ1年間いちねんかん生活せいかつしてきて、わたしが好きな日本にほんのバンドや歌手かしゅ生演奏なまえんそう唯一ゆいいつ機会きかい見逃みのがすわけにはいきませんでした。しかし、最近さいきん新型しんがたコロナウイルスのせいでわたしけたライブすう3つみっつにとどまりました。にもかかわらず、その3つみっつのライブはよろこびと興奮こうふんにあふれて、大事だいじおもになりました。そこで自分じぶん経験けいけん、そして日本にほん海外かいがいのライブの相違点そういてんについてすこはなしたいとおもいます。

 

日本にほんのライブはチケットのかた複雑ふくざつ

日本にほんのライブのチケット入手にゅうしゅ初心者しょしんしゃわたしにとってかなり複雑ふくざつだったので、最初さいしょはそれについて説明せつめいしておきたいです。販売はんばい方法ほうほうはだいたい3つみっつあって、先行販売せんこうはんばい一般販売いっぱんはんばい、そして当日販売とうじつはんばいです。
先行販売せんこうはんばいは、最初さいしょおこなわれる一定いってい期間きかん販売はんばいで、それがわったら一般いっぱん販売はんばいはじまります。そのため、先行販売せんこうはんばい一番いちばんいいチケットを確保かくほする機会きかいで、通常つうじょう抽選ちゅうせんおこなわれています。重要じゅうようてんは、人気にんきのアーティストの場合ばあい大部分だいぶぶんのチケットがその段階だんかいられています。先行販売せんこうはんばい期間きかん見逃みのがしたり、抽選ちゅうせんはずれたりしたら、つぎ方法ほうほう一般販売いっぱんはんばいうことになります。一般販売いっぱんはんばいは、抽選ちゅうせんではなく、もうじゅんです。はやめにチケットを購入こうにゅうすればはいります。有名ゆうめいなアーティストの場合ばあい一般販売いっぱんはんばいのチケットが一瞬いっしゅんれることはめずらしくないです。わたしがチケットをおうとおもってちょうど発売開始はつばいかいし時間じかんにLoppiというコンビニにある端末たんまつ画面がめんさわったら、サーバーエラーのような通知つうちて、「ああ、もうえないんだ」とガッカリしましたが、さいわいなことに10分後じゅっぷんごチケットを購入こうにゅうすることができました。それは多分たぶん最後さいごの200まいだったとおもいます。それから、当日販売とうじつはんばいのチケットは文字もじどおりライブのられているのこり、またはキャンセルされたチケットです。しかし、当日販売とうじつはんばいえるのはあまり人気にんきのないアーティストのライブがおおいです。

 

ライブの開場前かいじょうまえ入場にゅうじょう様子ようす印象的いんしょうてき

おおきな印象いんしょうのこしたのは開場前かいじょうまえ入場にゅうじょうでした。わたしはじめてライブにったとき、開場かいじょう数時間前すうじかんまえて、入場にゅうじょうれつならぶのではなく、アーティストグッズを大勢おおぜい人々ひとびと会場かいじょう周囲しゅういすわっている姿すがたえました。ヨーロッパの場合ばあい入場にゅうじょうさきんずればひとせいす、すなわちさき行列ぎょうれつならんだひとさき会場かいじょうはいれます。そのため、そのときわたしすごおどろいて、なにをすればいいかわからなくてとてもこまりました。しかし、日本にほんでは、ライブのチケットには普通ふつう整理番号せいりばんごういてあって、そのばんごう号は入場順にゅうじょうじゅんしめしています。開場時間かいじょうじかんになると、会場かいじょうスタッフが入場にゅうじょう案内あんないして、さきはいれる整理番号せいりばんごうをアナウンスします。そのため、混乱こんらんけられて、ライブのまえはやめに時間じかん無駄むだにすることもありません。

 

ライブのワンドリンクせいもおもしろい

つぎおおきな相違点そういてんはいわゆるワンドリンクせいです。ライブの場合ばあい、チケットには普段ふだん「ドリンク代別だいべつ」などとかれていて、ライブ会場かいじょうはいるとき、ものいたいにせよ、いたくないにせよ、受付うけつけでドリンク料金りょうきん支払しはら必要ひつようがあります。値段ねだん300円さんびゃくえん600円ろっぴゃくえんで、トークンやチケットなどもらって、ライブの前後ぜんご最中さいちゅうにドリンクと交換こうかんできます。ヨーロッパでは、会場かいじょうものうのは自由じゆうです。わたしったチケットをてみると、「入場時にゅうじょうじドリンク代別途必要だいべっとひつよう」と「入場整理番にゅうじょうせいりばんごう」といてありました。

 

あばれる日本にほんじん姿すがたにびっくり

ライブ会場かいじょう特別とくべつ雰囲気ふんいきつつまれて、海外かいがいのライブとかなりことなります。おおくの日本にほんのライブハウスは撮影さつえい禁止きんしされていて、スマホをして写真しゃしんろうとして迷惑めいわくをかけるひとがいません。そのため、観客かんきゃく完全かんぜん演奏えんそう集中しゅうちゅうでき、大切たいせつ瞬間しゅんかんたのしめます。また、日本にほんじんのファンたちの精神せいしん特別とくべつだとかんがえます。大勢おおぜいひとがスウェットなどの運動着うんどうぎ会場かいじょうに来て、入場にゅうじょうまえにアップやストレッチをして、ライブがはじまったらすぐ全力ぜんりょくたのしみます。クラウドサーフィンをしたり、みんなでかたんでヘッドバングしたり、んだりしています。それ全部ぜんぶきなアーティストの生演奏なまえんそうわせれば、わすれられない素敵すてきおもつくられます。そして、見慣みなれたしずかな日本人にほんじん真逆まぎゃくあばれる日本にほんじん姿すがたすご面白おもしろかったです。ちなみに、わたしはライブのとき奇跡的きせきてき一度いちどされたりなぐられたりしたことはありません。

 

留学期間りゅうがくきかんのライブにった経験けいけんじつ有意義ゆういぎでした。チケットの入手方法にゅうしゅほうほう整理番号せいりばんごう、ワンドリンクせいなど、日本にほんでライブに外国人がいこくじんにとってややこしいことがいくつかありますが、ライブそのものは非常ひじょうたのしかったです。さらに、日本にほんじんのイメージと全然ぜんぜんちが行動こうどう目撃もくげきするのはめずしい経験けいけんでした。ファンたちのいきおいとあのときかんじていた一体感いったいかん、そしてアーティストのハイレベルなパフォーマンス。いまでも「ああ、けて本当ほんとうによかったな」とおもします。

 

わり)