Blog

2020.07.25

日本とデンマーク、比べてみました―ドラッグストアの気遣い― アナスさん

 

日本にほんとデンマーク、くらべてみました―ドラッグストアの気遣きづかい― アナスさん

わたし去年きょねん11月じゅういちがつにドラッグストアでのアルバイトをはじめました。そのドラッグストアでわたしがしていた仕事しごとは、おきゃくさんとの接客せっきゃく、そしてレジの仕事しごとでした。以前いぜn、デンマークでもおなじような接客せっきゃくのアルバイトにたずさわりしましたが、接客せっきゃく方法ほうほうことなっているところがいくつもありました。そのなかもっと興味きょうみったのが気遣きづかいです。気遣きづかいはわたしそだったデンマークの文化ぶんかにももちろんありますが、日本にほん接客せっきゃくの中でされる気遣きづかいには違和いわかん感をおぼえました。

まず、気遣きづかいとはなんでしょう。「気遣きづかい」を調べてみたら、上手うまくいくように、失敗しっぱいしないようにこころくばることという意味いみてきます。さらに、気遣きづかいには、相手あいてのことをおもい、つかうというニュアンスがあります。

そこで、この定義ていぎをもとに、日本にほん気遣きづかいにちた接客せっきゃく以前いぜん体験たいけんしたデンマークの自由じゆう接客せっきゃく比較ひかくし、それぞれのすぐれているてんけているてんかんがえてみようとおもいました。つまり、日本にほん気遣きづかいvsデンマークの気遣きづかいです。

方法ほうほうとしては、いまアルバイトしているドラッグストアをフィールドとして、接客せっきゃく観察かんさつし、パートさんにおみせただしい接客せっきゃく方法ほうほうおしえていただいたうえで、デンマークのスーパーでの接客せっきゃく体験たいけんくらべてみました。

わたし観察かんさつしてになった具体ぐたいてき接客せっきゃくは、生理せいり用品ようひんあつかいが丁寧ていねいなところです。おきゃくさんがこういった商品しょうひんおうとされたら、わたしたち店員てんいんにはその商品しょうひんけていないふくろ積極的せっきょくてきれることがもとめられています。なぜ?ってパートさんにいてみたら、生理せいり用品ようひんえる状態じょうたいつことはおろか、店員てんいんさんにそうしてってたのむことすらずかしいことなので、おきゃくさんがずかしくかんじないように、つかうためです。

デンマークでのことをおもしてみると、生理せいり自体じたいずかしいことではないので、かくすためのふくろしたら、ぎゃくにおきゃくさんに「え!かくすべきなの?」というわるおもいをさせるおそれがあるので、おこらせないようにつかいます。

しかし、日本にほんではきわめておおくのおきゃくさんがそのおもてなしをれ、よろこかたもいらっしゃっる一方いっぽうで、勝手かって生理せいり用品ようひんをわざわざけていない紙袋かみぶくろれようとしたら、わたしを止めてらないとうおきゃくさんもいらっしゃいました。

 他人たにんおもっていることをさっして、つかうことは、どこでもひとがある程度ていどすることですが、日本にほん世界せかいなかで、もっともはっきりわず、相手あいてつかって対話たいわする文化ぶんかがあるので、それとは対照的たいしょうてきに、つかわず、相手あいて意見いけんをはっきりってくれるだろうと期待きたいして対話たいわする文化ぶんかそだったデンマークのわたしにとってはむずかしいことです。

どちらのほうがただしいというこたえはもちろんありません。ただ、つかわないのも、つかいすぎるのも、相手あいてによって効果こうかわるので、異文化いぶんかかた対話たいわする場合ばあいは、こういうことをしっかりちゅうい意しなければ、誤解ごかいまね可能性かのうせいがあります。

さて、つぎ機会きかいがあれば、かんさつ察ではなくおきゃくさんに感想かんそうかせてもらって、もっと面白おもしろ分析ぶんせきができたらなとおもっています。

 

わり)