Blog

2020.07.17

生きるということ RIKUさん

きるということ   RIKUさん

 

もしもまれわったら、もう一度いちどあいしてくれないかな?もしもつぎ別人べつじんとしてまれるとしたら、いまよりらくきていけるかな?らないうちに、なんかすごくネガティブなかんがかたになってしまった。来世らいせなんてそもそもしんじていない。それゆえにできれば、普通ふつうきて、普通ふつうねればいいのに。来世らいせとか、まれわるのとか、いらないとしばしばかんじている。

じつはぱっとしない、もないちいさなはなになりたい。ただ人里ひとざとはなれたすみっこでしずかにきていきたい。たまにだれかがわれらのことを発覚はっかくし、われらのうつくしさで機嫌きげんがよくなればいいと、そうおもう。ひとって、つらいよ。ただ、植物しょくぶつ動物どうぶつのほうがたのしいともかんがえてはいない。

もし、かならおとこおんな、このふたつのなかえらばなければならないなら、おんなでいい。たとえ世間せけん女性じょせいたいしてどんなに不公平ふこうへいであるとしても、おんなとしてまれるといい。ただ、笑顔えがおがきれいで、わらっていないときおこっているようにえないかおまれたい。こうしたら、いじめとかなくなるかもしれない。両親りょうしんなんでいつも機嫌きげんわるいのとよくかれることはなくなるかもしれない。友達ともだちをたくさんつくれるかも。

いまどんなにつらいといっても、他人たにん生活せいかつくらべると、たいしたことない。わたしが、よわいだけ。そして、さがせば、かならたのししいことがある。

おんななら、化粧けしょうをして、きれいな洋服ようふくて、いい写真しゃしんいっぱいれるはず。女性じょせいダンサーになれば、おど姿すがたはすごくきれいなはず。いいおとこ出会であって、しあわせな家庭かていつくれるはず。よく職場しょくばとかは女性じょせいたいして偏見へんけん不公平ふこうへいなことがおおいとわれているが、女性じょせいは、かなら居場所いばしょがあるはず。ひとは、うえく。あかるいほうを。太陽たいようほうを。みんな努力どりょくすれば、この社会しゃかいわるはず。

未来みらいたいしては、なに期待きたいしていない。たとえまれわるとしても、なに期待きたいしていない。いま大切たいせつなのは、精一杯せいいっぱい頑張がんばってきていくこと。いつかかならぬということをかんがえないようにきていること。